2017年09月01日号 イベント情報 ニュース 小田原市 文化

プロのオーケストラとしてスタート
小田原楽友協会が幕を閉じる

2020/04/21

小田原市民をはじめ、多くの人に親しまれてきた「小田原楽友協会」が2018年3月をもって22年続く活動を終えることを発表した。
同協会は、1995年12月に小田原ゆかりのプロの演奏家らによって発足した「小田原室内合奏団」を始まりとし、2005年に現在の「小田原楽友協会」に改称して活動を続けてきた。国内外で活躍する演奏家を招聘し、洗練されたプログラムのコンサートなどで観客を魅了してきたが、会員の減少と音楽ジャンルの多様化により今回の決断に至った。
「色々なコンサートが出来て充実しておりました。22年間に及び、70回のコンサートが無事できたこと、皆さんに感謝いたします」と代表の堀江眞さん。

音楽の喜びいつまでも「ラスト・ガラ・コンサート」

これまでの感謝を込めて、9月30日(土)に小田原市民会館大ホールにて「第70回演奏会ラスト・ガラ・コンサート」を開催。14:00開演。総勢16人の出演者が演奏を披露する。
入場料3,500円。全席自由。チケットの取扱いは、井上楽器・ハルネ小田原街かど案内所・ダイナシティウエストチケットぴあ・小田原市民会館等にて。
【問】TEL.0465-23-3881 小田原楽友協会事務局

P-20170901_odawarashitsunaigassoudan1995e

P-20170901_odawarashitsunaigassoudan1995p▲発足会での演奏とそのポスター

-2017年09月01日号, イベント情報, ニュース, 小田原市, 文化