2016年12月23日号 小田原城さんぽ

小田原城さんぽ [167] 安斎横町(あんさいよこちょう)周辺

=安斎小路から安斎横町へ=
小田原城さんぽ167-P-安斎横町

箱根口から海岸へ向かう道路は、はじめ安斎小路である。しかし少し前進すると右手に西海子小路が出てきて、これらはともに小路だから、北条氏時代には主道であったものと推定される。当時主道に準ずる街路は、小路とは呼ばずに横町と言ったからである。
そこでその西海子小路の合流点からさらに直進すると、道はすでに安斎小路ではなくて安斎横町だ。北条氏の侍医の田村安斎の屋敷がどこかに存在したと伝えるが、その位置はすでに明らかではない。しかしその田村安斎邸で、北条氏政と氏照が自刃したのは、恐らく事実であろう。
ところが江戸時代に安斎小路も安斎横町も行政には用いられぬ地名になった。街路の東側は欄干橋町で、西側は筋違橋町に入ってしまうからだ。地名の石標を建てる時の委員会でも、そのため不採用になりかかったが私は猛反対して、今もその街路に石標は建っている。

小田原城さんぽ167-地図_安斎横町
(小田原の城と緑を考える会長 田代道彌)

-2016年12月23日号, 小田原城さんぽ