2017年02月24日号 小田原市

J:COMと小田原市が協定締結 - 防災無線を室内で受信

2017/03/02

小田原市は2月7日、ケーブルテレビ局の(株)ジェイコムイースト小田原局(山田文雄局長)と、防災行政無線放送に関する協定を結んだ。
これにより、室内に受信機を設置することで、市の防災行政無線放送の内容を聞くことができるようになる。運用開始は3月1日(水)より。
同社では、ケーブルテレビ回線を利用して、受信機を通じて緊急地震速報を音声と警報ランプで知らせるサービスを実施している。これに、市の防災無線の内容も加わった。聞き取りづらい場合もある防災無線だが、室内でもクリアな音声で聞こえるようになる。なお、受信機にはFMラジオ機能も搭載。災害時に持ち運ぶこともできる。
利用料は、ケーブルテレビ加入者は月額300円、未加入者は500円。ただしキャンペーンとして加入後1年間の利用料と基本工事費は無料。詳細は同社カスタマーセンター0120-914-000へ。
P-20170224_bosaimusen▲左より山田局長、加藤憲一市長/締結式にて

-2017年02月24日号, 小田原市