2017年04月07日号 小田原市

小田原城天守閣にて特別展開催中 - 小田原城址150年の歩み

明治の天守解体から平成の大改修まで、小田原城址の歴史を振り返る特別展「小田原城址の150年 モダン・オダワラ・キャッスル1868-2007」が小田原城天守閣4階にて開催中。会期は5月28日(日)まで。
かつて、御用邸や学校が建っていた城址。写真や絵葉書、観光パンフレットなどからその変遷をたどる。4月9日(日)と5月14日(日)には、担当学芸員による展示解説も。13:30より。申込み不要。
入場料は一般500円/小中学生200円。
9:00~17:00(4月9日(日)までは20:00まで)。
神奈川県西部地域ミュージアムズ連絡会に加盟する各ミュージアムが、毎月持ち回りで開催している企画「ミュージアム・リレー」。その一環として、4月21日(金)は今回の特別展の見どころを学芸員が紹介する。常設展示についても解説。参加者は入場無料。
14:00~16:00。申込み先着30人。4月19日(水)17:00までに電話にて申込みを。
【問・申込み】TEL.0465-23-1373 市観光課城址公園係

P-20170407_odawarajyoshi_umeko▲ゾウのウメ子と天守台の観覧車が写った絵葉書/昭和30年(1955)頃、小田原市立図書館蔵

P-20170407_odawarajyoshi_kanransha▲天守台の観覧車/昭和31年(1956)、小田原市立図書館蔵

-2017年04月07日号, 小田原市