大井町 文化 ニュース 2020年01月31日号

大井町在住の洋画家・深見まさ子さん
地元大井町で作品展が開催/2月6日(木)まで

2020/04/20

大井町在住で南足柄市立足柄台中学校の非常勤講師を務める二科会会員の洋画家・深見まさ子さんの作品展が2月6日(木)まで、大井町生涯学習センター(町役場隣り)2階会議室で開催されている。
美術科の教員として生徒に指導をしながら、創作活動を続けている深見さん。二科展に出品を重ね、数々の賞を受賞。昨年の第104回二科展では、絵画部門最高賞となる内閣総理大臣賞を受賞した。
今回の展示には、地域の子どもたちに向けた思いが込められている。中井町の中井中学校や母校でもある南足柄市の岡本中、山北町の三保中、松田町の寄中など、県西地域の学校で長年美術を教えてきた経験から、「美術教育は感性教育。何かを感じて表現することを楽しんでほしい」と話す。展示期間中の2月2日(日)には、「私達はどこから生まれてきたの?」をテーマに子どもたち皆で大きな絵を自由に描くワークショップを企画。参加者の募集はすでに締め切っているが、完成した作品は2日(日)午後~6日(木)にかけて展示する。「子どもたちも含め、多くの人に見てもらえたら」と優しく微笑む。
今展では、これまで二科展に出品してきた大作約11点を含め、20点近くを紹介する。これだけの大作は揃うのは久しぶりとのこと。「見てくださる方には、好きなように自由に感じてほしい」と思いを込める。時間は9時~17時。入場無料。問合せはTEL.0465・83・5409町生涯学習課へ。

P20200131_ooi_fukami_a▲深見まさ子さん

P20200131_ooi_fukami_b▲第102回二科展「ミモザ咲く頃に…」

-大井町, 文化, ニュース, 2020年01月31日号