2018年06月15日号 ニュース 小田原市 暮らし

小田原エポに待望のオープン!
生鮮食品と共同出店のドラッグストア

2020/05/12

小田原駅東口から徒歩約5分のショッピングビル「小田原エポ」では、本日6月15日(金)にドラッグストアがオープン。その後6月28日(木)には、鮮魚や精肉、野菜などが充実した売場が営業を開始する。2016年4月の西友の閉店以来、スーパーが姿を消していた小田原駅周辺地域にとって、待望のオープンとなる。
ドラッグストアは神奈川県を中心に展開し、西湘地域でも生活に密着したお店として馴染んでいる「クリエイトエス・ディー」。駅周辺での出店は初となる。生鮮食品やお惣菜といった毎日の暮らしに役立つ商品が並び、以前のように便利に買い物ができそうだ。28日(木)には、グランドオープン記念としてセールを予定している。
小田原エポの運営は、今年4月より合同会社西友に代わって、信栄ビル㈱が担っている。「これからもお買い物が楽しく便利なお店づくりを目指していきますので、引き続き小田原エポをよろしくお願い致します」と、館長の広瀬政仁さんと、信栄ビル代表取締役の石井貴一朗さん。
営業時間は10時~20時。年内無休。立体駐車場も完備。

POST20180615_epo▲ドラッグストアと生鮮食品売場がオープンし、
暮らしに密着した商品が充実する「エポ」/ダイヤ街側入口

-2018年06月15日号, ニュース, 小田原市, 暮らし