2020年09月11日号 イベント情報 ニュース 小田原市

小田原駅前東通り商店街でスタート
テラス営業「秋空ビアガーデン」

2020/09/11

国が道路占有の基準を緩和

小田原駅前東通り商店街で9月1日から、店先の路上を使ったテラス営業「秋空ビアガーデン」がスタートした。新型コロナウイルスの影響を受ける飲食店を支援する国の緊急措置によるもので、小田原市内では初の試み。最初の週末となった9月4日の金曜日、さっそく家族連れや仕事帰りの会社員が訪れ、屋外のテラス席で会話や飲食を楽しんでいた。
国土交通省では、ウイルス対策の一環として、飲食店などが路上で営業できるように、路上利用の占用許可基準を緩和。地方公共団体にも同様の対応を要請した。これを受け、小田原市でも関係機関や商店街などと調整を進めてきた。「新しい生活様式」に向けた試みとして、店内の3密を避ける狙いがある。期間は今年11月30日(月)まで。
秋空ビアガーデンには、東通りの飲食店やバー、居酒屋などが参加。安全な歩行空間を確保するため、対面の店舗が同時にテラス席を設置しないなどの工夫をしている。連日午後10時頃まで実施(時間は店舗により異なる)。雨天時は店内営業のみ。また、各テラス席では他店舗で購入したメニューも楽しめる。猛暑も和らぎだした季節、秋風の中での飲食を楽しんでは。

POST20200911_akizora▲路上での飲食を楽しむ家族連れ

-2020年09月11日号, イベント情報, ニュース, 小田原市