2020年11月06日号 ニュース 小田原市

≪小田原市≫
デジタル化へ向け推進本部を設置

2020/11/06

小田原市は10月28日、デジタル化によるまちづくりの推進に取り組むため、「小田原市デジタル化推進本部」を設置した。
同推進本部は、守屋輝彦市長が本部長を務め、両副市長、教育長、政策監及び各部局長で構成。また、各部局の課長級の職員で構成するワーキングチームを置き、具体的な事業のデジタル化に取り組む。民間企業や大学などとも連携し、専門的見地から意見を受けるため、「デジタル・エグゼクティブ・アドバイザー」の設置を進めるという。
同日には第1回会議が開かれた。守屋市長は「デジタル化の目的は地域の課題を解決すること、市民の生活の質を向上すること」と呼びかけ、市を挙げて取り組む考えを示した。
デジタル化を巡っては、国も「デジタル庁」の創設を進めるなど、社会全体のデジタル化を推進している。

POST20201106_dejital▲今後の取り組みなどを話し合った第1回本部会議の様子

-2020年11月06日号, ニュース, 小田原市