小田原市 イベント情報 文化 コンサート・公演・映画 ニュース 2021年07月23日号

小田原三の丸ホール開館記念式典
こけら落としに野村萬斎さん

2021/07/23

杉本博司さん舞台構成の「三番叟(さんばそう)」

小田原市の新しい市民ホール「小田原三の丸ホール」がいよいよ9月5日(日)に開館する。そのこけら落とし公演となる記念式典が、9月12日(日)に開催される。

演目は、現代美術作家で小田原ふるさと大使の杉本博司さんの企画・舞台構成のもと、狂言師の野村萬斎さんが舞う三番叟「神秘域(かみひそみいき)」。8月1日(日)より小田原市在住200人(小学生以上)を対象に観覧申込みを受付ける(多数抽選)。観覧無料。

三番叟は日本の伝統芸能の中でも最古の形式を持つ古曲。五穀豊穣を願う神聖な舞で、祝いの場で演じられる。
「神秘域」では杉本さんによる舞台空間の中、萬斎さんが躍動感溢れる三番叟を踏む。衣装や幔幕の柄には杉本さんの作品を用い、伝統と現代アートが融合。海外でも好評を博した貴重な公演。

問合せはTEL.0465-20-4152三の丸ホール(平日のみ)へ。

▲野村萬斎さん
▲杉本博司さん

開館記念式典
9月12日(日)10:30~大ホールにて
申込み方法
8月1日(日)~10日(火)に
①専用サイトからウェブ申込み または
②所定の用紙で郵送

郵送先:〒250-0012 小田原市本町1-7-50「開館記念式典参加申込」係

※小田原市民200人・小学生以上対象
※1人の応募につき2人まで
※専用サイトは完成次第、市HPで案内
※所定の用紙は市内公共施設で配布中

-小田原市, イベント情報, 文化, コンサート・公演・映画, ニュース, 2021年07月23日号