2016年12月16日号 ニュース 歴史 湯河原町

湯河原町「光風荘」 来館者5万人達成

2020/04/20

二・二六事件の資料館「光風荘」(湯河原町宮上)で12月3日、2003年の開館以来の来館者数が5万人を突破し、記念イベントが開かれた。
記念すべき5万人目は、静岡県長泉町在住の坂本千登勢さん。イベントには冨田幸宏町長らが出席し、認定書や記念品の湯河原温泉宿泊券、特産品のみかんが贈呈された。
光風荘は昭和史に残る大事件、二・二六事件の東京以外で唯一の現場。前内大臣の牧野伸顕伯爵が襲われ、銃撃戦の末に放火された。館内には遺品や当時の写真などを展示している。主に土日祝日に開館し、入館無料。
坂本さんは今回が初めての訪問で、「母と日帰り旅行の途中に訪れたが、湯河原で二・二六事件が起こっていたとは知らなかった。今度は泊まりで訪れたい」と語った。

p-20161216_koufuusou5man
▲右から冨田町長、坂本さん親子、湯河原観光ボランティア板垣会長

-2016年12月16日号, ニュース, 歴史, 湯河原町