小田原市 美術展・資料展・展示会 イベント情報

平和パネル展~小田原に残る戦争の記憶~
◆8月16日(月)まで/小田原市役所にて

小田原市役所2階市民ロビーで8月16日(月)まで、「平和パネル展~小田原に残る戦争の記憶~」が開催中。

小田原に残る戦時中の貴重な写真や戦時品をパネルにして展示。現在の小田原宿なりわい交流館前(本町)や国府津の松林で出征する兵士を見送る人々や、「軍事郵便」「警備召集令状」「戦陣訓の解説書」などのパネルを見ることができる。また、原爆の悲惨さを伝える展示もあわせて実施中。

土日祝日を除く8時30分~17時15分。最終日は12時まで。

▲展示の様子

かつての戦争では、小田原の街も戦災を被った。1945年8月15日未明、まさに終戦の当日も米軍のB-29による焼夷弾空襲を受けた。この「小田原空襲」では現在の浜町や本町の地域が被災。約400軒の家屋が焼失し、12人の命が奪われたことが分かっている。

展示を通じて、戦時下の小田原の暮らしや戦争の悲惨さ、平和の尊さについて考えてみては。

-小田原市, 美術展・資料展・展示会, イベント情報