2017年09月08日号 開成町

甲子園ベスト4の東海大菅生 主将の小玉佳吾さんが開成町長を表敬訪問

第99回全国高校野球選手権大会でベスト4に輝いた東海大学菅生高校(東京都)野球部主将の小玉佳吾さん(3年)が8月28日、出身地の開成町を訪れ、府川裕一町長を表敬訪問した。
小玉さんは小学生の頃は少年野球チーム「開成イーグルス」に所属し、町立文命中学校に進学。甲子園では、2試合連続ホームランを放つなど大黒柱として活躍した。
静かだがしっかりとした口調で話す小玉さん。「開成イーグルスで基礎から学んだことがあったから甲子園で良いプレーにつながった」と感謝を述べた。
卒業後は大学へ進学予定とのこと。「大学でチャンスに強い選手になり、プロへ行きたい」と抱負を語った。府川町長は「今後は大学での活躍が私の夢」と更なる期待を寄せた。

P-20170908_kodama_senshu_kaisei▲左より小玉さん、府川町長。2試合連続で放ったホームランボールを持って。

-2017年09月08日号, 開成町