2020年06月26日号 ニュース 松田町 街の話題

県西エリアの新たな観光スポットに
松田山に「空中ブランコ」

2020/06/26

松田町の西平畑公園内に、空中ブランコが設置され、6月6日にお披露目のセレモニーが行われた。
ブランコは、㈱エスアールシー(小田原市酒匂)代表取締役の古川達高さんが寄贈。県西エリアの観光活性化に携わる古川さんは、エリア内の2市8町それぞれに、各地の特色にあったブランコを設置することで、新たな観光資源としたいとえている。今年3月には、真鶴町のケープ真鶴にも鮮やかなブルーのブランコを寄贈した。
松田町のものは、公園のシンボル・河津桜にちなんだ桜色。名前は公募し、「スカイスウィング」に決まった。
セレモニーでは、「一番乗り」に当選した竹村美紀さんと、命名者の内河江美子さんが試乗した。「とても気持ちよかった」と竹村さん。「風の中をスイングしているよう。乗り心地も安定感がある」と内河さん。
ブランコは体験無料。残り8台は今後、順次設置予定という。それぞれどんなブランコが登場するか楽しみだ。

20200626_matsuda_swing_a▲一番乗りで試乗した竹村さん。この日はあいにくの空模様だったが、晴れた日は富士山を背景に、まるで空中でブランコに乗っているような写真が撮れるという

▲セレモニーにて。前列左より本山博幸松田町長、内河さん、古川さん、竹村さん

-2020年06月26日号, ニュース, 松田町, 街の話題