2017年04月14日号 小田原市

小田原市の"戦争"を後世へ伝えるリーフレットを作成

小田原市は、市民や戦争を体験していない世代に平和を呼びかけるリーフレット「伝えておきたい小田原の戦争と平和」を作成した。
これは、市民活動団体「戦時下の小田原地方を記録する会」の協力の下、市が発行したもの。小田原市に残る戦争に関する碑や跡が19ヵ所掲載されている。
根府川駅舎の機銃掃射弾痕や多古の身代わり地蔵尊、新玉小空襲の爆弾投下跡、菅原神社の忠魂碑などが地図付きで紹介されている。また、1945年8月15日の小田原空襲の内容についても詳しく書かれている。
市役所4階総務課で配布しているほか、市ホームページからもダウンロードできる。今後は市内の小中学校への配布も予定。
【問】TEL.0465-33-1291 市総務課

P-20170417_odawara_sensouheiwa01
P-20170417_odawara_sensouheiwa02▲自由研究などにも役立ちそう。

-2017年04月14日号, 小田原市